スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

全国学力テスト始まる 3割抽出方式(産経新聞)

 全国の小学6年と中学3年を対象として学力レベルを調べる平成22年度の全国学力・学習状況調査(全国学力テスト)が20日午前、全国各地の小中学校で始まった。昨年度までは全国の児童・生徒全員に参加を求める方式だったが、今年度は30・7%の学校を抽出する方式。結果は今年8月までに集計される。

 文部科学省によると、全国公立、私立校から9979校の生徒・児童約73万8千人を抽出して実施。国語と算数・数学の2教科で基礎と応用力を問うテストと、子供の学習生活習慣についての質問紙調査などを受け、結果は文科省が判定・集計する。

 文科省は8月末までに結果を各教育委員会などを通じて学校側に返却するほか、都道府県別の正答率などを公表する方針。

 また、抽出調査・集計の対象とはならないが、約4割の小中学校などが自主的判断でテストに参加している。こうした自主参加を加えると、全校の73・5%、約162万5千人が全国学力テストを受けている。

 民主党政権が「競争排除」などを理由に全国学力テストを抽出方式にしたことについては、自主参加校などの学校現場や教育評論家などから批判も出ている。

 全国学力テストは日本教職員組合(日教組)の反対などで中止されていたが、平成19年度に約40年ぶりに復活。一部学校の不参加もあったが、21年度にはすべての国公立校が参加して行われた。

 大阪府や鳥取県などは文科省の意向に反して市町村別や学校別の正答率を開示し、全国的な議論にもなった。今年度は抽出方式のため調査対象にならない市町村もあり、全市町村別の学力比較、公表などは不可能になっている。

【関連記事】
学力テストはやはり全校参加に
「子ども手当て」がカギに? 進学塾“経営力”ランキング
談合認定の企業が落札 全国学力テスト採点業務
産みたいけれど…お金に不安
小学校教科書検定 ページ増で「ゆとり」決別
児童虐待防止法施行から今年で10年。なぜ、わが子を傷つけるのか…

村本さん死亡 東京・青山葬儀所で告別式 500人が別れ(毎日新聞)
舛添氏、東国原氏と会談 新党構想に触れず 自民内で批判「オオカミ中年」だ(産経新聞)
首相側近と国務副長官が会談へ、普天間協議か(読売新聞)
地で行く“カバチ” 鳥取の行政書士を非弁活動で告発(産経新聞)
男児ポルノ、元被害者の少年4人が撮影加担(読売新聞)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。