スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

陸上走る鳥の祖先か=新種の化石発見-林原自然科学博物館(時事通信)

 モンゴル・ゴビ砂漠の白亜紀後期(7500万~7000万年前)の地層から出土した鳥の化石が、現在の鳥類の祖先に当たる新属新種であることが17日までに、林原自然科学博物館(岡山市)の調査で分かった。
 化石はすね(17センチ)や足の甲に当たる中足骨(12センチ)など、足のひざから先端にかけての部分骨格で、林原自然科学博物館とモンゴル科学アカデミー古生物学センターとの共同調査隊が1997年7月に発掘した。
 中足骨の特徴から、現生鳥類の祖先グループであるオルニチュウロモルファ類に分類されることが判明。また、第4中足骨が非常に短いことや、ひざの関節の形が特殊なことから新種の鳥化石であると分かり、「ホランダ・ルセリア」と命名。2月にオランダの国際学術雑誌「白亜紀研究」で紹介した。
 調査を行った林原生物化学研究所古生物学研究センター研究員の鈴木茂氏(56)によると、ホランダ・ルセリアは推定全長50センチ~1メートル。非常に足が長く、飛ぶことはできるが、陸上を走り回り、地面に巣を作るタイプの鳥類の特徴を持っているという。
 白亜紀の鳥化石の多くは水辺の鳥で、陸上の鳥の発見はまだ6種類目。そのうち空も飛べて陸上で生活していたと推測される種の発見は初めてだという。鈴木氏は「現生鳥類へどうやって進化してきたか、過程を明らかにする重要な手掛かりとなる」としている。 

【関連ニュース】
【動画】岡本太郎のモザイクタイル壁画下絵を初公開
【動画】恐竜2009~砂漠の奇跡~
特集・恐竜図鑑~恐竜の起源、もっと古い?2億4千万年前の近縁新種化石発見~
【Off Time】長崎・壱岐の旅 絢爛刺繍と海の王都
【Off Time】アンコールワットの旅 探検家気分で遺跡めぐり

鶴岡八幡宮 「無事に育って」…移植の大銀杏を一般公開(毎日新聞)
元学校事務職員ら逮捕=架空請求、45万円詐取容疑-愛知県警(時事通信)
民主、政調設置目指す会の世話人会が発足(産経新聞)
<東レ科学技術賞>新庄輝也、岡田典弘の両氏を選出(毎日新聞)
民主過半数阻止へ新党結成も…自民・園田氏(読売新聞)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。